葬儀 焼香の回数

葬儀 焼香の回数

焼香(しょうこう)とは?
焼香は、お葬式や法要などで、死者や仏様に向け香をたいて拝むことです。心と身体の穢れを取り除いて清浄な心でお参りする作法です。左手に数珠をかけ、右手の親指、人差し指、中指の三指で香を摘まむのが基本です。
各宗派の焼香回数と作法

 

・真言宗・・・回数は3回(押し頂く)
・天台宗・・・特に定め無し(1回または3回)
・日蓮宗・・・回数は1回または3回(押し頂く)
・浄土宗・・・回数は1~3回(押し頂かない)
・臨済宗・・・回数は1回(押し頂く)
・曹洞宗・・・回数は2回(1回目は押し頂く、2回目は押し頂かない)
・日蓮正宗・・・回数は3回(押し頂く)
・浄土真宗本願寺派・・・回数は1回(押し頂かない)
・真宗大谷派・・・回数は2回(押し頂かない)
※押し頂くとは右手でつまんだ香を額の高さまで掲げることで、押し頂かないとは、右手でつまんだ香を掲げずに炭に落とすこと。
会葬者の人数、場所の都合や宗教者によっては回数が異なる場合があります。

 

春日部市 家族葬、一日葬、火葬式は大塚葬儀社にお任せください。
埼玉県春日部市八丁目476-3 家族葬ホール絆
0120-331-889

葬儀 焼香の回数